視力低下の大きな原因の一つは

『メガネやコンタクトは、目の松葉杖です。骨折したとき、骨が治れば松葉杖やギプスを外しますよね。目も同じ。視力が回復すれば、メガネやコンタクトは外すべきなのです。』

とは、眼科医師・本部(ほんべ)千博先生の弁。

本部先生によると、視力低下の大きな原因の一つが、メガネやコンタクトレンズの「常用」にあるそうです。

必要の無いときにまで常に装用していることで、視力はどんどん悪化してしまうのです。

骨が治っているのに、いつまでも松葉杖やギプスをしていると、骨や筋肉がそれに甘えてしまい、やせ細って、みるみる本来の強さを失っていきますよね。

目の場合も同じことで、必要の無いときにまでメガネやコンタクトを使用することで、目の筋肉や機能が、どんどんそれに甘えてしまうのです。

とはいえ、骨折後すぐに走ることができないように、いきなりメガネやコンタクトを捨てるわけにもいきませんよね。

目の松葉杖を外すためには、適切なリハビリを行い、しっかりと回復する必要があります。

その「目のリハビリ」ともいえるのが、本部先生が開発した「驚異の視力回復法」なのです。

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。